PORTRAIT

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/14

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/14

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/14

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/14

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/17

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/17

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/17

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/17

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/17

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/14

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/17

千慶烏子 肖像写真

千慶烏子 肖像写真

制作: P.P.Content Corp.
撮影日: 2019/11/14

BOOKS

千慶烏子『TADAÇA』

TADAÇA

千慶烏子著

ISBN: 978-4-908810-18-3, 978-4-908810-32-9

あなたはその女(ひと)の胸を吸う。その女の胸のあわいなでしこの蕊をあなたは吸う。その女の腋のすこしばかり湿った暗さをあなたは吸う。愛しい女の肌もあらわなその場所に触れつつ暮れる夏の日のあまいかげりをあなたは吸う。ときどき吹きみだれるその女の髪があなたのほほをかすめることもなく、ときどき耳朶にぬれるその女の髪があなたの指をこばむこともなく、ひだりにむけ、そびらをかえし、あなたのそこに、その口もとに、またその耳もとに、その女の息を散らすあなたがたの夏の臥床にあなたは吸う。みずみずしくひもとかれたその女の肌のしずかなうるおいがあなたのうなじにめぐらされ、もうとうにはだかであることにも飽いたその女の脚が…(本文より)

  • 千慶烏子『TADACA』Amazon Kindle
  • 千慶烏子『TADACA』Apple Books
  • 千慶烏子『TADACA』Google Play
  • 千慶烏子『TADACA』Rakuten Kobo
  • 千慶烏子『TADACA』Book Walker
千慶烏子『ポエデコ』

ポエデコ

千慶烏子著

ISBN: 978-4-908810-05-3, 978-4-908810-27-5

自転車を押しながら坂道を登ってゆく彼女を見つけてマリと叫んだ。僕たちの夏の始まりだった。僕たちはその夏一緒に過ごそうと約束していた。誰にも内緒で、自転車を走らせ、一晩でいいから湖のほとりのコテージで一緒に過ごそうと二人だけの約束をしていたのだった。僕は彼女を見つけて名前を叫んだ。半袖のブラウスからのぞく肌という肌のすべてが美しく、額に結んだ粒のような汗までが美しかった。僕たちは夏の盛りの泡立つような虫の声に煽られながら、乾いた唇に唇を重ね、早熟な愛の感情におたがいの肌を寄り添わせるのだった。峠を越えると右手に湖を望んで下り坂を走った。コテージでは最初はどこかためらいがちだったけど、抱き合う以外に愛を伝える…(本文より)

  • 千慶烏子『ポエデコ』Amazon Kindle
  • 千慶烏子『ポエデコ』Apple Books
  • 千慶烏子『ポエデコ』Google Play
  • 千慶烏子『ポエデコ』Rakuten Kobo
  • 千慶烏子『ポエデコ』Book Walker
千慶烏子『アデル』

アデル

千慶烏子著

ISBN: 978-4-908810-28-2, 978-4-908810-02-2

海辺にひびく鳥の声を美しいと思った。頬を撫でて行き過ぎる潮のかおりをいとおしいとわたしは思った。もう二度とパリに戻ることはないかもしれないというわたしたち家族の深い絶望の色で、瞳に映るものすべては暗く沈んでおり、また、夜ともなればいつも父を苦しめる亡姉レオポルディーヌの痛ましい記憶にわたしたち家族の思い出は逃れようもなく囚われており、わたしたちは、パリを遠く離れた小さな島の小さな街で息をひそめるように深い喪のただなかにいた。しかし、海辺にひびく海鳥の声を美しいとわたしは思った。頬を撫でて行きすぎる潮のかおりをいとおしいとわたしは思った。この肌にふれる海のひびきが…(本文より)

  • 千慶烏子『アデル』Amazon Kindle
  • 千慶烏子『アデル』Apple Books
  • 千慶烏子『アデル』Google Play
  • 千慶烏子『アデル』Rakuten Kobo
  • 千慶烏子『アデル』Book Walker

STORE

千慶烏子の本はAmazon Kindleストアをはじめ、Apple Booksストア、Google Playブックストアなど5つのブックストアでご購読いただけます。下の画像を押して本の売場にお越しください。ポイントやクーポンなどもご利用いただけます。

Pages
Lines
Words